住宅は一定の道路に一定部分接する必要がある

土地にはいろいろな土地があります。
通常は道路に面していますから、家を建てればその道路に出ることができます。
しかし、土地によっては、住宅に囲まれたところもあります。
こうなると、この家に住んでいる人は外に出ることができなくなります。
昔に建てられた住宅などは仕方がありませんが、新たに建てる場合には一定の決まりを守る必要があります。
建築基準法において、住宅を建てるためには一定の道路に一定部分接するように決められています。
まず、幅が4メートル以上ある道路であることが必要で、その道路に2メートル以上接する必要があります。
どちらにも接するとなると、住宅の密集地などでは達していないところもありそうです。
法律制定以前の住宅は適用されません。
その他、特定の土地に関しては、特別に認められているところもあります。
その場合は条件に満たなくても建てることができます。
条件を満たしていないが建てられる道路を2項道路と呼ぶことがあります。