低層住居専用地域で3階建てを建てられるか

一戸建ての住宅といえば、かつては平屋の一階建て、二階建てが主流でした。
最近は三階建てが良く見られます。
三階建てのメリットは、居住空間を上に取ることができることでしょう。
家族が多い場合であったり、収納を増やしたい場合などには助かります。
ただ、三階建てなので建物の高さは高くなります。
周りとの兼ね合いも必要になります。
市街化区域においては、一定の地域が決められています。
低層住居専用地域があり、さらに第一種と第二種に区別されています。
これらの地域では、まず建てられる建物に制限があります。
第一種では、商業施設は建てられません。
第二種は可能です。
その他、建ぺい率、容積率で一定の制限があります。
さらに気をつけないといけないことがあります。
それが隣地の日照の確保になります。
高い建物を建てると、隣の家の日照を減らしてしまう可能性があるので、その制限があります。
高さに制限がかかれば、3階建てを建てることができない場合も出てきます。